EXPERIENCE

何を学ぶのか?

3つの学び


Project
-活動-

やりたいことをプロジェクト化しカタチにする

base campusでは、活動すること、実行に移すことを重視しています。

やりたいことがある人はそれをプロジェクト化し、メンバーと合意形成・課題管理を行いながら、カタチにしていきます。(ファシリテーションはサポートします。)

まだやりたいことが固まっていない人は、すでにあるプロジェクトの中から興味のあるものに参加し、意見を述べたり作業を担いながら、実際のプロジェクト進行を体験し、学びを深めます。

こんなことができるように!

  • やりたいことを「プロジェクト」化し、
    具体化・実行・完遂する力
    を身につける​
  • プロジェクトに参加することで
    実体験を通して学び、またその場で5つの技術の実践を通しスキルとして身につける。​
  • マネジメントのプロ集団による知識・技術の提供ファシリテーションによるサポートを受ける​

ブログで実際のプロジェクト事例を随時紹介しています!


Co-thinking
-対話と合意形成-

さまざまな課題について話し合い、実践へとつなげる

さまざまな事象について、「考える」ことを繰り返し、また共有することで、考えることを習慣化し、考える[技術]を深め合います。 同時に、視野を広げ、[活動]へのインプットを得ることにもつながります。 一見自分とは関わりのないような政治・経済・社会の出来事も、実はわたしたち一人一人の暮らしとつながっています。身近なところから考えていくことで、自分にできること・やりたいことを探し、見つける糸口になるでしょう。

こんなことができるように!

  • 考えることを繰り返し、共有することで
    ロジカルシンキング力を深める
  • さまざまな事象に触れることで
    視野を広げ、やりたいことを見つける
  • さまざまな参加者の意見を聴くことで
    多角的な視点を身につける

ブログでさまざまなトピックスに関する実際の対話事例を随時紹介しています!

やりたいことの実現に必要な技術を学ぶ

base campusでは、実践に役立つ5つの技術について、オリエンテーション(資料提供・解説)を用意しており、すぐに学内の活動(プロジェクト)や普段の仕事・日常生活において適用・応用していただけます。 また、実際にプロジェクトの中で生まれた“生”の疑問や課題について随時話し合い、解決していくことで、さらに学びを深めることができます。
こんなことができるように!
  • タイムマネジメント
    やりたいことのための時間をつくる方法を学び、実践の準備をする
  • プロジェクトデザイン
    プロジェクトの指針となる目的を設定し、目的達成までのスケジュール立案力をつける
  • プロジェクトマネジメント
    プロジェクトの目的達成まで無駄なく・漏れない課題管理力をつける
  • ロジカルシンキング
    効率的に考え、効果的に人に伝える論理的な思考力と提案力をつける
  • ファシリテーション
    チーム全体から課題解決に効果的な意見を聴き出し、まとめる対話力をつける

オンラインで学ぶ

Why? なぜ、オンラインで学ぶのか。

base campusがオンライン・チャットを学びの場として選択した理由は、3つあります。

ー大人から小人まで、学びたいと望む人すべてに学びの場を届けたいー

そんな想いから始まったbase campusでは、

  • 24時間365日、好きな時間に
  • 世界中どこでも、選んだ場所から
  • パソコンやスマホなど、インターネットに接続すれば

参加可能なオンラインチャット形式を選びました。

様々な人が集まり、様々な視点から対話することにより、学びは拡がり、深まります。
そのためにも、あえて特定の校舎や授業時間をつくらず、学校を運営しています。

オンラインチャットによるテキストベースでのやり取りは、議事録を取らずとも、生のやり取りがすべて記録として残るため、たとえばひと段落した対話も後から読み返すことができます。

新しく参加した人はもちろんのこと、その時対話に参加していた人でも、読み返すことにより、新たな学びへとつながるでしょう。

オンラインチャット形式では、対面のようにテンポよく対話が繰り広げられるのではなく、「問い」に対し即時に回答するわけではありません。
様々な人がそれぞれの生活に合わせて可能な時間にアクセスするため、“時差”が生じることもしばしばあります。

しかし、だからこそ、こたえる前に一度冷静になり、自分の考えをまとめ、発言することも可能になります。

もちろん、対面による対話の効果を否定するものではありません。
1つの場所に集まり同じ時間を共有したり、ビデオ会議システムを利用したりと、
臨機応変に、必要に応じ、様々な対話形式を取り入れています。

How? どのようにしてオンラインチャットの学びが進められるのか?

オンラインチャットツールの中に複数のチャンネルを設け、その中でテーマに沿った対話が行われています。