月に1度、身体を動かす森林浴。

おとなも子どもも大歓迎!森に入って、森を育む体験をしながら森について学んでみませんか?

イベントスケジュール

※※ご注意ください※※

新型コロナウィルス感染症の影響で、開催日時や場所に随時変更が入っております。
ご来場前に最新状況をご確認いただき、またご不明な場合はお問い合わせいただいてからのご訪問にご協力ください。

ご理解・ご協力の程よろしくお願いいたします。

直近の予定

現在予定されているイベントはありません
<< 2021年9月 >>
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 1 2 3

やつ森について

やつ森って、何するところ?

月に1回、森に入って、体験を通して森について学ぶ場です!

倒木処理や薪づくり、木の植え替えなどの体験を通して、見て・触って・手伝って・学び合います。 参加費用は500円程度〜のお気持ち制(寄付制)となっています。お気軽にお立ち寄りください。
時間や場所はその都度異なりますので、イベントスケジュールをご確認いただき、ご来訪ください。(スケジュール日以外でも、ご相談に応じてオープン可能です。お問い合わせください。)

※写真はイメージです

いつ、どこでやってるの?

(今のところ)八ヶ岳の森で不定期開催です!

※開催オープン日は応相談です!お気軽にお問い合わせください。

自元寺の森

〒408-0315 山梨県北杜市白州町白須1364

自元寺と隣接した敷地内

大泉の森

場所はお問い合わせください。

高根の森

場所はお問い合わせください。

持続可能な社会へ向けて

SDGsロゴ

4. 質の高い教育をみんなに

4.1 2030年までに、全ての子供が男女の区別なく、適切かつ効果的な学習成果をもたらす、無償かつ公正で質の高い初等教育及び中等教育を修了できるようにする。

4.4 2030年までに、技術的・職業的スキルなど、雇用、働きがいのある人間らしい仕事及び起業に必要な技能を備えた若者と成人の割合を大幅に増加させる。

4.7 2030年までに、持続可能な開発のための教育及び持続可能なライフスタイル、人権、男女の平等、平和及び非暴力的文化の推進、グローバル・シチズンシップ、文化多様性と文化の持続可能な開発への貢献の理解の教育を通して、全ての学習者が、持続可能な開発を促進するために必要な知識及び技能を習得できるようにする。

教育先進国の多いヨーロッパを先頭に、個人の自由と尊厳を尊重する人権確保の具体的な施策として、幼保・小中高・大学・社会人の生涯学習も含めた教育無償化と学習無償化の流れがあります。

一方で日本の現実社会においては、子どもたちの不登校(19年:19万人)、若年層のニート(19年:71万人)、中高年の引きこもり(19年:61.3万人)など、社会と関係が切れてしまう人が年々増えています。

様々な文化や背景を持つ老若男女(子どもも高齢者も外国人、障がいや病気を持つ人、ビジネスマンや社会活動家など)が、数百年の歴史を持つ地域の森林に一堂に集まることで、多様性の尊重を自然に感じながら、それぞれが持つ専門分野からお互いに学び合うことができます。

15.陸の豊かさも守ろう

15.2 2020年までに、あらゆる種類の森林の持続可能な経営の実施を促進し、森林減少を阻止し、劣化した森林を回復し、世界全体で新規植林及び再植林を大幅に増加させる。

15.4 2030年までに持続可能な開発に不可欠な便益をもたらす山地生態系の能力を強化するため、生物多様性を含む山地生態系の保全を確実に行う。

15.5 自然生息地の劣化を抑制し、生物多様性の損失を阻止し、2020年までに絶滅危惧種を保護し、また絶滅防止するための緊急かつ意味のある対策を講じる。

15.8 2020年までに、外来種の侵入を防止するとともに、これらの種による陸域・海洋生態系への影響を大幅に減少させるための対策を導入し、さらに優先種の駆除または根絶を行う。

15.a 生物多様性と生態系の保全と持続的な利用のために、あらゆる資金源からの資金の動員及び大幅な増額を行う。

15.b 保全や再植林を含む持続可能な森林経営を推進するため、あらゆるレベルのあらゆる供給源から、持続可能な森林経営のための資金の調達と開発途上国への十分なインセンティブ付与のための相当量の資源を動員する。

15.c 持続的な生計機会を追求するために地域コミュニティの能力向上を図る等、保護種の密猟及び違法な取引に対処するための努力に対する世界的な支援を強化する。

約100年前に日本人が作った明治神宮の森の3つの原則と、21世紀の状況に合わせた2つの原則に基づき、大量消費によって破壊が続いていた自然と生態系の回復を目指します。


<明治神宮の森3つの原則>
1.)人力を加えず、永年生育を続けること。
2.)一度完成したのちは永久不変に続く。
3.)その理想形に達するまでの中間形、過程の林相は一切無視する。
<21世紀の状況に合わせた原則>
4.)生態系の外側からの遺伝子の混入はしない。
 ※人間の手によって絶滅した植物・生物の代替遺伝子については都度協議する。
5.)地球温暖化の影響を考慮すること。
各種の情報共有のグループです。


八ヶ岳地域で始めていますが、全国各地へ広がることを願っていますので、目的に合う方は八ヶ岳地域外の方もぜひご参加下さい。
また、八ヶ岳地域に自生している木の情報(特に樹齢100年を超えるマザーツリー、ドングリが得られる場所)も求めています。
常緑広葉樹は、カシ・シイ・クスノキ・モチノキ・モクセイなど。
落葉広葉樹は、コナラ・クヌギ・エゴノキ・カエデ・ケヤキ・コブシなど。

Contact

やつ森 お問い合わせフォーム

営業日や、各プログラムに関するお問い合わせはこちらからお寄せください。
Please check if you agree with our Privacy Policy