北杜市長選2020年11月
オンライン政策討論会・候補者インタビュー動画配信

メールアドレスのご入力をお願いしています。風評・誹謗中傷対策と、2024年の市長選へ向けての北杜市政・市民の課題に関する情報を届ける・声を集める目的に限り、使用させていただきますので、ご了承お願いします。

@docomo.ne.jpのメールアドレスの方は「@base-campus.com」が受信できるように迷惑メールフィルターの解除をお願いします。【ドコモ公式サイトはこちら

【しみん参加での文字お越しご協力お願い|討論会・インタビューしみん参加】(文字お越しツールで簡易なテキスト化は実施済み)

<討論会>

 2020年11月4日オンライン討論会・文字お越しに協力する。

<インタビュー>

 渡辺えいこ候補インタビュー・文字起こしに協力する。

 池田やすみち候補インタビュー・文字起こしに協力する。

 大柴邦彦候補インタビュー・文字お越しに協力する。

 かみむら英司候補インタビュー・文字起こしに協力する。

みんなでつくる、しみんの政策・候補者の政策比較プロジェクト

北杜市長選挙2020

4年後の政策成果を検証する
しみんの政策・候補者の政策比較プロジェクト!

政策と達成目標を一緒に考えよう!

さっそくココから、しみんの声を届ける!


順を追って北杜市長選挙2020・しみんの声と政策比較シートへ反映します。
しばらくお待ちください。

北杜市長選挙2020候補者一覧(敬称略|選挙当日の年齢順)

池田やすみち

池田やすみち

池田やすみちさん 47歳(1973年5月1日生まれ)

会社員時代は外資系コンサルティング会社などで勤務。その後、東日本大震災をきっかけに政治の世界を志し、国会議員の政策担当秘書として活動。

2015年北杜市に移住。地域おこし協力隊として、行政活動に従事。2016年北杜市にて市議会議員選挙、初出馬にして当選。

妻と2人の子ども、そして愛犬の4人と1匹家族。
2020年、養育里親の認定取得。

公式ホームページ
https://ikedayasumichi.com/ 

かみむら英司

かみむら英司

かみむら英司さん 51歳(1970年10月26日生まれ)

尊敬する人:西郷隆盛
座右の銘:敬天愛人
家族構成:妻と長女、長男、次女の5人家族
祖父:上村慶一(故人)は元須玉町町長
父:上村幸年(故人)は元須玉町議会議員
趣味・特技:ワイン好きが高じて、ワインアドバイザーの資格を取得。
北杜市明野町で耕作放棄地を活用して、ワイン用ブドウの栽培、収穫をしています。

公式ホームページ
https://kamimura-eiji.info/

大柴邦彦

大柴邦彦

大柴邦彦さん 62歳(1958年33年5月5日生まれ)

昭和33年(1958)…北杜市明野町(旧明野村)に生まれる

平成23年(2011)…4月山梨県議会議員選挙初当選

平成27年(2015)…4月 山梨県議会議員選挙2期目当選

平成27年(2015)…山梨県監査委員に選任

平成28年(2016)…農政産業観光委員会委員長に就任

平成29年(2017)…山梨県議会議員選挙における広報に関する

条例案作成委員会委員長

平成30年(2018)…土木森林環境委員会委員長

平成31年(2019)…4月 山梨県議会議員選挙3期目当選

平成31年(2019)…5月 第128代 山梨県議会議長就任

…5月 全国議長会副会長就任

 

公式ホームページ
http://ooshiba-kunihiko.net/

渡辺英子

渡辺えいこ

渡辺えいこさん 74歳(1946年9月20日生まれ)

山梨県北杜市小淵沢町出身。日本体育大学女子短期大学卒業

山梨県教職員を経て、市町村合併前の旧長坂町の町議会議員を1期務める

平成16年11月、北巨摩郡明野村、須玉町、高根町、長坂町、大泉村、白州町及び武川村の7町村が合併、その後、平成18年3月に小淵沢町が合併し現在の北杜市となる。

この間、北杜市議会議員を3期、市議会議長及び山梨県市議会議長会の会長も務める。

平成28年8月、任期満了に伴う北杜市長選挙に立候補を表明し、同11月執行の市長選挙において、山梨県内初の女性首長に当選する。

公式ホームページ
https://www.watanabeeiko.org/

◇しみんの声募集・アンケートフォームと、候補者の政策案比較表
下記のURLにアクセスしていただくと、直接コメントを記入できるので皆さんの声をぜひお寄せ下さい。コメント欄や音羽宛にメッセージいただいてもOK。
政策案が書けなくてもこんなことで困っている解決して欲しいという声だけでも大丈夫です。
↓↓↓こちら↓↓↓
北杜市長選挙2020・しみんの声 募集フォーム
http://bit.do/hokuto2020
北杜市長選挙2020・しみんの声と政策比較表
http://bit.do/hlist2020

※お気軽に事務局までご連絡ください。

icn_cars2

何をするの? / What do you do?

インタビュー・政策討論会の資料と意識合わせ

北杜市長選挙2020

よくある質問 / Q&A

Q1.討論会前になぜインタビューやるのですか?

A1.各候補者の政策や市民の希望がバラバラなので、いきなり討論会になると空中戦で時間切れになるため、まずは情報の粒度や具体性を整える必要があるためです。

Q2.他の討論会とは何が違いますか?

A2.他の討論会を見ていないのでわかりませんが、4年後の成果・10年以上先のビジョン・それをどう実現するかの具体的な政策という3つのポイントと、5つの大カテゴリ(政治・行政、経済、社会・生活、環境、テクノロジー)を掛け合わせて全体像を確認したいと考えています。いろんな個人や団体が質問したり意見する機会が増える一つになればうれしいです。

Q3.ファシリテーターは特定の支持者がいますか?

A3.具体的な政策を聞いていないのでまだわかりません。実現可能な政策なのかを確認しながら考えたと思いますが、だれにも表明しません。

Q4.市民の声はいつまで募集していますか?

A4.期限を設けず蓄積することが大事だと考えていますので、いつでも大丈夫です。

Q5.政治の話をして、喧嘩になることが多いのですが、地域が割れないでしょうか?

A5.選挙管理委員会のお話をお聞きするかぎりでは、政治活動とは特定の候補者を応援する、もしくは投票を即したり依頼する行為と言えそうです。

事実に基づいて、この街をどうしていきたいという具体的な政策をお話しすることと、特定の候補者を応援することを分けられれば、対話のきっかけになると考えています。

Q6.公職選挙法の違反にはならないですか?

A6.選挙管理委員会に確認しています。公示前に「特定候補者への投票を依頼する行為」は公職選挙法違反になります。

また、公約(当選したらこの約束を果たします)も公示前は投票を即す行為となりますので公職選挙法違反になりますが、政策を議論することに関しては公示前でも問題ないことは確認が取れています。

もっと詳しく知りたい! / Details

<北杜市長選2020・政策討論会・候補者インタビューの進め方>

①各候補者インタビュー、②全候補者での討論会は、

どちらもコロナ禍のリスク対策・北杜地域のIT推進・録画として記録を残せるという理由から、全てオンラインでの開催します。

また、異なる世代の目線から質問ができるように男女のファシリテーターでインタビューアーとファシリテーターを担当させていただきます。

①各候補者インタビューは、

日時 :各候補者毎に、60分~90分。9月。

規模 :ZOOMというツールを使用し、最大250名です。

参加者:応援者ではない方を優先して、参加を募ります。

質疑 :各候補者の政策案と政策比較表に届いている市民の声を元に、

    ファシリテーターから質問をします。

    また、当日オンライン(チャット等)で質問を募集します。

    場合によって、参加者から質問の補足として発言いただく場合があります。

    ※政策への意見や質問、事実を元にした内容で構成します。

    ※個人攻撃やヘイトスピーチなどはファシリテーターが静止しますし、

     そうならないようなルールを事前に提示します。

②全候補者での討論会は、

日時 :全候補者の日時が合う日程で、120分。10月~。

    全候補者が公平に話す時間を確保できる配慮をします。

規模 :ZOOMというツールを使用し、最大250名です。

参加者:住民票のある方、職場や通学圏の方、移住している人も含めます。

質疑 :各候補者の政策案と政策比較表に届いている市民の声を元に、

    ファシリテーターから質問をします。

    また、当日オンライン(チャット等)で質問を募集します。

    場合によって、参加者から質問の補足として発言いただく場合があります。

    ※政策への意見や質問、事実を元にした内容で構成します。

    他のインタビュー・討論会 / Others

    <手をつなぐ市民の会チラシ>

    政策比較表

    <韮崎北杜青年会議所・公開討論会@youtube>

    <ころぼっくる会議・インタビュー@youtube>

    北杜市長選挙立候補予定者に10の質問を聞く〜池田やすみちさんの巻〜
    北杜市長選立候補予定者に10の質問を聞く〜上村英司さんの巻〜
    北杜市長選挙立候補予定者に10の質問を聞く〜大柴くにひこさんの巻〜

    2020年 北杜市長選挙立候補予定者に聞く会

    共通の10の質問

     

    1 政治家としてのスタンスについて

    自助、共助、公助という言葉が随分話題となりましたが、地方自治のあり方や政治と市民の関わりをどう捉えるかという観点から、どのように受け止められたでしょうか?

     

    2 北杜市の今とこれからについて

    北杜市の優れているところはどんな点ですか?

    北杜市の困ったところや改善すべきことは何ですか? 

    平成の大合併によって北杜市が誕生して間もなく16年、「環境創造都市」がこれからも有効なキーワードとなるとお考えでしょうか?北杜市の未来を示すキーワードは何でしょうか?

     

    3 農業の振興と森林保全のあり方について

    特色ある自然を生かしたユニークな田園小都市として、存在感を発揮するためには所有者の重荷になっている耕作放棄地や手が入れができなくなった森をどのように生かしていくかが大きな問題です。そのための有効な手立ては何でしょうか?

     

    4 太陽光発電の現状と条例について。

    山梨県では北杜市が先んじて太陽光発電関連の条例を制定したにも関わらず、未だ多くの問題を抱えています。

    北杜市の太陽光発電の現状をどのように感じていますか?

    条例の中身と運用に問題があると言われていますが、具体的な条例の修正案は?

    大きな自然破壊や災害の危険性が懸念されるメガソーラーが増富大平や大泉大湧水に計画が進行中です。こうした住民や市民の強い反対の声のある太陽光発電開発は様々な面で北杜市のあり方を左右します。緊急の対応が必要ですがどのように対処されますか?

     

    5 自然保護そして防災について。

    巨大でかつ貴重な自然環境の中に存在する北杜市は、自然の保全に果たす責任は重大なものがあります。現状の北杜市はその役割を十分に果たしていると言えるでしょうか?危機的状況にあるとされる北杜市の自然環境の現状を知るために、まず徹底した調査が必要ではないでしょうか?

    また自然災害は過剰な自然破壊を伴う開発、時には不適切な防災工事によって激甚化すると言われています。自然と共にある北杜市のあり方にふさわしい防災のあり方は何でしょうか?

     

    6 市民に開かれた公正な市政の実現について。

    市民、地域と行政の協働がうたわれていますが、行政の市民の活動への支援はあまりに貧

    弱だと言わねばなりません。

    印刷機やプロジェクターやWIFIなどを備えた、市民が運営する市民の活動センターを各支所内などに設置することは、それほど困難なことではないと思われますが、いかかがでしょう?

    市行政には「人々の生活を守る」という基本的な姿勢が貫かれていることが重要です。時には「市の職員は一体どこを向いて仕事しているのだ!」という批判も聞こえる現状をどのように変えることができますか?

     

    7 情報公開について。

    北杜市の情報公開は裁判での敗訴もさることながら、非常に遅れていると言われています。

    開かれた市政を目指すには、第一に人々の知る権利を保障することが重要です。市民の市政への関心や共感を高める情報公開制度はどのようなものでしょうか?

     

    8 財政再建とコロナ支援策。

    コロナ対策として大規模な支援策が実施されました。これはそれ以前の財政再建を大きな目標としてきた白倉市政の緊縮財政とは矛盾すると思われますが、どう評価しますか?どのような支援策がこれから必要でしょうか?

     

    9 子どもたちのこと。

    北杜市でも不登校児の増加が報告されています。その原因はどこにあると考えますか?

    北杜市の学校教育の問題点はどこにあるのでしょうか?

     

    10 地元住民と移住者の融和について。

    長年土地に住む地元民の新入者への排他性。そして一方で増加する新入者の地元への無理解による地域の分断が深くあると考えますか?

    地域の一体感の欠如はコロナによる移住者の急増が予想される点からも、無視することはできません。これは豊かな地域コミュニティを作る上でも、魅力ある地方都市として存在感を高めるにも大きな障害となるからです。北杜市が自治体として成熟するには、重要な課題として取り組む必要があると考えますが、いかがでしょうか?

                                                

    ころぼっくる会議世話人会

      <山梨県北杜市>

      北杜市の人口推移 2015年現在 45,111人
      北杜市の就業者数 2015年 22,520人

      産業分類 | 就業者数[人] | 就業者数比率[%]

      農業、林業 | 3,591 | 15.9
      漁業 | 6 | 0.0
      鉱業、採石業、砂利採取業 | 6 | 0.0
      建設業 | 1,402 | 6.2
      製造業 | 4,163 | 18.5
      電気・ガス・熱供給・水道業 | 95 | 0.4
      情報通信業 | 232 | 1.0
      運輸業、郵便業 | 766 | 3.4
      卸売業、小売業 | 2,484 | 11.0
      金融業、保険業 | 266 | 1.2
      不動産業、物品賃貸業 | 296 | 1.3
      学術研究、専門・技術サービス業 | 631 | 2.8
      宿泊業、飲食サービス業 | 2,144 | 9.5
      生活関連サービス業、娯楽業 | 779 | 3.5
      教育、学習支援業 | 1,032 | 4.6
      医療、福祉 | 2,268 | 10.1
      複合サービス事業 | 229 | 1.0
      サービス業(他に分類されないもの) | 1,138 | 5.1
      公務(他に分類されるものを除く) | 668 | 3.0
      分類不能の産業 | 324 | 1.4
      一次産業(再掲) | 3,597 | 16.0
      二次産業(再掲) | 5,571 | 24.7
      三次産業(再掲) | 13,028 | 57.9
      不明 | 324 | 1.4
      就業者計 | 22,520.0 | 100.0

      ※参考リンク
      北杜市の人口と世帯
      https://jp.gdfreak.com/public/detail/jp010050000001019209/1

      就業者数とその産業構成
      https://jp.gdfreak.com/public/detail/jp010050000001019209/14

      エリアマップ(参考)

      この活動について / About the Project

      北杜市長選挙2020|OUR ACTION

      北杜市役所内でのボランティア勉強会~北杜市長選挙2020に至るまで

      北杜市役所 職員向け勉強会

      ~2018年6月、北杜市役所内で、職員向けに有志で勉強会を半年間にわたり開催する。

      職員からのプロジェクトを期待しつつも日常の多忙さによりプロジェクト立案が難しい中で、空き家・教育・環境保全・文化の保護など色々な課題が見つかり、北杜市の最重要課題が「地域の交通」であることが全会一致で合意される。

      北杜2050

      トヨタモビリティ基金の公募をきっかけとして、2018年12月、facebookグループで「北杜2050」が立ち上がる

      —————————–—————————–—————————–———

      『北杜2050』は、地域住民の知恵・アイディア・経験値・創造力で、地域の課題を一つずつ改善していく『市民のシンクタンク』『地域のプロジェクトデザイン』の場。

      みんなで試行錯誤しながら、みんながリーダーとなり、みんなが地域ファシリテーターとなり、プロジェクトを進めていきます。誰もがリーダー、誰もがファシリテーターでプロジェクトを作って動かしていく。

      2019年2月、トヨタモビリティ基金「地域に合った移動の仕組み作り」へ、地域の交通を改善する仕組みを考え北杜市役所企画課の承諾を得て、3プロジェクト総額約9,000万円(1プロジェクトの予算:3000万円)の計画で応募

      結果はすべて落選だったものの47都道府県で105件の応募(1県当たり2.2件の応募)という状況で、北杜市として3件応募した市民の力が示され、問題意識が合意される。

      —————————–—————————–—————————–———

      トヨタモビリティ基金「地域に合った移動の仕組み作り」http://min-mobi.jp/

      この度は、全国各地から、地域の移動課題の解決に向けて、取り組まれている様々な団体より、合計 105 件、総額 約 25 億円分の応募がありました。本公募へ関心をお寄せくださり、誠にありがとうございます。 応募いただきました各案件について、募集時に発表した以下の 4 つの選考基準に基づき、移動の課題の産官学民 の有識者 10 名の選考委員が選考を行い、29 件を採択しました。 

       

      2019年3月、応募したアイデアを元に、有志で地域の交通を改善するプロジェクトをお試しで始める

      高齢者の心理的な障壁、乗りたい人乗せたい人をつなぐしくみ、寄付の流れなどの実証実験を経て、現在に至る。

      メンバー|Member

      辻 麻梨菜

      白州ちょい飲み主催|地域ファシリテーター

      白州町出身・東京ワーク&白州暮らし

      NPO法人トイロ
      学生インターン学生チーム

      大学生が参加中!随時募集中!

      リモートから参加できます!

      おとわ まさと

      北杜2050
      地域ファシリテーター

      大阪出身・八ヶ岳暮らし

      しみんの地域課題への取り組み / What's New

      持続可能な社会へ向けて / Commitment to the SDGs

      SDGsロゴ

      その他のお問い合わせも、お気軽にどうぞ! / Feel free to contact us!

      (C) toiro commune designing. All rights reserved.